ヴァイオリンの分類と市場価格相場(値段の目安)

ヴァイオリン属の弦楽器には、400年超に亘る製作の歴史があります。その長い歴史の中で、製作地域はイタリアを中心とするヨーロッパから近代以降は全世界へと広がり、それに伴い製作スタイル・製作数ともに膨大な量に膨らみました。

このように多様な弦楽器の中から、ある程度の目的や基準のないまま、最良の1挺を探し出すのは困難な作業です。その上、弦楽器は価格帯の幅が極めて広く、価格の根拠も一見曖昧なことが、選択の難しさに拍車を掛けています。最良の選択のためには、(1) どのような目的で弦楽器をお探しになりたいか、(2) その目的を満たす弦楽器としてどのようなものが選べるのか、(3) ご予算と価格相場の兼ね合いはどうか、などを考慮しながら目標を絞り込むことが、何より近道かつ失敗の少ない方法です。

そこでこのページでは、弦楽器の製作地域・製作年代・スクール※用語を整理することで、製作背景が近く特徴の似た弦楽器ごとに分類を行い、それぞれの簡単な解説と、国際的に妥当と考えられる市場価格相場をまとめました。

当社では、いわゆるオールド・イタリアンモダン・イタリアンをはじめとして、入門用の量産新作※用語まで、幅広いレンジの弦楽器を取り扱います。このページの情報が、お客様にとっての最良の1挺のイメージを掴んで頂く足掛かりとなり、ご選択の一助になれば幸いです。

  • 分類に明確な定義はなく、その境界も厳密に定義はできません。あくまでひとつの参考とお考え下さい。
  • 主に新作の場合の目安として、同クラスのヴァイオリンの価格に対し、ヴィオラの価格は1.2〜1.5倍前後、チェロの価格は1.5〜2倍前後となります。新作以外の場合は、メーカーによって大きな差がありますが、個別に表示するのは困難なため、省略します。
  • ここで示す相場価格は少数分布を除外したもので、例外的に素晴らしい個体や、問題を抱えた個体などは、相場価格の幅に収まらない場合もあります。
  • 相場価格は為替変動など外部要因により短期的に変動する場合のほか、長期的にも緩やかに変動を続けています。このページの情報も、ベストエフォートの観点で出来る限り実態に合わせて更新致します。